predilection(うずら卵紙) /2015-

 うずら卵紙は、うずらの卵等を用いて印画紙を作り、35mmフィルムを密着させ、露光させて作るプリントのプロセスです。イメージサイズが一辺5cmに満たない小さなプリントであり、写真におけるミニアチュールと位置付けています。19世紀に盛んに行われていたアルビューメン・プリントを下地としています。

 この作品においては、役目を終えるとすぐに捨てられてしまう使い捨ての日用品を被写体としています。うずら卵紙の手間のかかる工程は、プリントを生み出すための儀式のようで、それを経てできるプリントは、それ自体が命あるものとして自立しているように感じられます。ものが新しいものへと生まれ変わる輪廻に立ち会うことができました。

 

 [ predilection ] - (uzuraranshi : albumen print with quail egg white)/2015-

“Uzuraranshi” is the print process for this photography project. The photographs are processed on handmade albumen print paper with quail egg white. The technique is based on 19C old school albumen print process that usually uses chicken egg instead of quail egg. 

The images are no more than 5cm width and are contact printed in a darkroom with 35mm negative film. I consider the works are photographic “miniature” like medieval miniature paintings in Europe. I thought quail eggs are suitable for this miniature project since quail eggs are usually several times smaller than chicken eggs. 

For this work, I photographed disposable objects for our daily life that would be discarded right after they finish their roles. “Uzuraranshi”, the fiddly albumen print process is like a ritual ceremony to create prints. I feel that those disposable objects become independent with life through this ritual process. I suppose that I could witness Samsata, the cycle of reincarnation that these objects reincarnate to the new states.

 

uzuraranshi print

image size 約50×50mm

 

2016年2-3月「A Personal History of Visual Symbiosis」(Buffalo Bridge Gallery/タイ バンコク)に出品しました。

 

LensCulture作品ページ

 

小さい研究室 原田ページ