小さい研究室 原田

 

「小さい研究室 原田」は、うずら卵紙の研究を行うために、2014年に設立されました。

 

うずら卵紙とは

うずらの卵等を用いて印画紙を作り、35mmフィルムを密着させ、太陽光等で露光させて作る写真プリントのプロセスです。イメージサイズがフィルムサイズに準じるため、5cmに満たない小さなプリントです。写真におけるミニアチュールと位置付けています。茶色がかった色調とやわらかいトーンが特徴です

小さい研究室ウェブサイト
小さい研究室ウェブサイト